トトノウメディア一押しの記事詳しくはこちら

就活アプリでの自己紹介の書き方をfラン大学就活生に向けて紹介します

こんにちは、Go(@8YyoWi7d7EiSCCb)です。

このブログでは全てのことを「ととのう」で解決する為の記事を更新しています。

今回は「就職活動」を一緒にととのえていきましょう。

大学生くん

就職活動って何をすればいいの?
内定までの手順を教えてください。

大学生さん

就職活動してるけどうまくいかない。
NNTにならないか不安だよ。

以上のような、就職活動をこれから始める人や既に始めていて「内定を取りたい方」の疑問を一緒に解決していきます。

大学生の就職活動のやり方を0から伝授!【絶対内定が取れるロードマップ】に内定までの道のりを書いていますので、就活生は必見です!

この記事でわかること
  • Fラン大学生が就活アプリで目立つ方法
  • 就活アプリやサービスでの自己紹介欄の書き方
  • 自己紹介欄をしっかり書くことの意味

当ブログはFラン大学出身ながら、外資系企業や日経大手企業の数々の選考を通り抜けた経験をもとに記事を作成しています。

当記事では、学歴なしの僕が就職活動を成功できた秘訣を「誰でも理解して行動に移せる」ように詳しく解説しました。

この記事を読み終われば、ゼロからのスタートでも内定を獲得できる力を身につけることができます。

大学3年生や4年生方向けに「就職活動で内定を獲得する方法」がわかるように作成しました。

迷ったらすぐに見れるようにブックマークしておくのがおすすめです!

まずは「Fラン大学生が目立つ方法」を理解することから始めよう!

この記事の目次

就活で自己紹介の書き方を正しく覚えるとfラン大学生も輝く

Fラン大学生は就活アプリなんて登録しても、結局オファーが一つも来ないで終わるだけだ。

就職活動を始めた頃の僕は就活アプリなどに対して、そのような考えを持っていました。

また、Fラン大学に入学した時点で就職活動は大変なんだなというイメージを持ってしまう学生が多いのではないでしょうか。

就活を終えた今だから言います。

Go

Fラン大学生生でも目立てばオファーをたくさんもらえます!

ちなみに就活生が登録必須な就活アプリや就活サービスの登録はもうした?

してないFラン就活生は今すぐにでもすべきだよ!

この記事に就活本気Fラン大学生が厳選した就活アプリと就活サービスが載ってるからチェックしてみてね!

就活を始めたら入れるべき就活アプリと就活サービス12選【大学生の就活対策】

Fラン大学生が目立つ方法
  • 自己紹介欄がしっかり記入されている
  • 大学時代に獲得した経験や資格が強い

自己紹介欄がしっかり記入されている

就活アプリや就活サービスなどで自己紹介欄をしっかり記入している学生は、学歴問わず企業からオファーがたくさん来ます。

平凡大学生

学生時代にしたこともないし、バイトも普通のことしかしてないよ。

Go

それらを正しい方法で記入するだけで一気に効果出ます!

そもそも、企業の人はみなさんの自己紹介を見てオファーを出すか否かを判断します。

今では企業側に学歴を隠した状態で学生を表示するサービスなども増えてきています。

学歴関係なしに良い学生を獲得したいと企業側も考えているのです。

つまり、みなさんの魅力を企業に100%伝えることができる自己紹介を書けたら、企業はオファーを出したくなります。

第一印象を企業に伝えるための初手が「自己紹介欄」と覚えておきましょう!

Go

書き方も紹介します!

大学時代に獲得した資格が強い

大学時代に獲得した経験や資格が強い就活生は、Fラン大学生であろうと企業からのオファーをたくさん受けることができます。

先ほども記述しましたが、企業は学歴だけでなく「人で選ぶ」ことにシフトしつつあります。

例えば、Fラン大学生A君と高学歴大学生B君がいたとしましょう。

Fラン大学生A君

僕は学生時代アメリカのホームレスに食材を分け与えることをしていたよ。

高学歴大学生B君

俺は大学時代酒とバイトしかしてないし、大学も中学からいたもんなぁ。

かなり極端な例にしてみました。

みなさんが企業だった場合どちらの学生にオファーを出したいですか?

Go

もちろんA君だと思います。

ただ、面白いことにFラン大学生は「学歴に不安な学生」が多数いることが事実です。

学歴に不安を持つことは、この極端な例だとしてもB君を支持しているのと同じくらいおかしなことです。

Fラン大学生

学生時代遊んでただけだよ〜。

そんな君でも大丈夫!

大学時代ですごいことを経験した学生もそうでない学生も、今までの人生で経験し獲得した自身の魅力を100%伝えることができたら、学歴なんて関係なしに企業からオファーをもらうことができるのです。

自己紹介欄の重要性が少し伝わったでしょうか。

Go

それでは、自己紹介欄で他就活生に差をつける書き方を解説していきます!

就活アプリでの自己紹介の書き方をfラン就活生に向けて解説

就職活動においての自己紹介欄の重要性を理解した皆さんが次にすることは、実際に自己紹介を作成することです。

自己紹介って正直何書けば良いのかわからない就活生が多いのではないでしょうか。

Fラン大学生は情報が回ってこないので苦労すること間違いなしです。

ちなみに、本を購入して読み始めると最初に「目次」がありますよね。

あれってなんのためにあると思いますか?

Go

僕は本の目次は「本の自己紹介」だと考えています。

これから読者に伝えたいことを簡潔にして記入することで、本文を読んだ際の理解度を上げることができます。

つまり、就活においての自己紹介も同じことが言えるのです。

これから伝えたいメインの話(ガクチカや強みなど)を企業により理解してもらうための自己紹介なんです。

また、人間の特性として終盤にみたり聞いたりしたことの方が記憶に定着しやすいです。

そんな、自己紹介を一緒に作れるようになりましょう!

自己紹介欄の書き方
  • 一文目は大学名と名前を書く【ステップ1】
  • 中盤は自分自身について書く【ステップ2】
  • 終盤は大学時代の体験について軽く書く【ステップ3】

一文目は大学名と名前を書く【ステップ1】

自己紹介で一文目に書くのは「大学名と名前です」

初めて会う人に挨拶するときは最初に名乗りますよね。

それと同じです。

自己紹介は「自分を知ってもらうこと」が目的なので、まずは名前を記入しましょう。

Go

〇〇大学〇〇学部〇〇学科○年のGoです。

一文目はこれで問題ないよ!

就活アプリでも就活サービスでも共通して言えることだから覚えておこう。

次は中盤に書くことについて解説するね!

中盤は自分自身について書く【ステップ2】

中盤は「自分自身について」書くようにしましょう。

就活アプリでもそうですが、就職活動において自己紹介を一番する場面は面接です。

自己紹介は名前だけを言ってしまう人もいますが、それではもったいないです。

名前の次は自分について書く、もしくは言うようにしましょう。

Go

私は趣味で筋トレをしています。また、週に3回料理をするようにしておりストレス発散になっています。

平凡大学生

え、こんなこと自己紹介でいるの?

Go

必要です!!

人間の心理として自分が心を開示すると相手も心を開くというものがあります。

それをうまく企業に対して利用して下さい。

また、自己紹介で自分に関することを記入する際のコツとして、「ガクチカ」や「自身の強みエピソード」につながる趣味や習慣などを記入するようにしましょう。

企業の方はガクチカなどを見た際に「自己紹介に書いてあったことだ!」とフラグ回収をできた気分になり、この学生は「一貫性がある学生」という印象を抱くようになります。

終盤は大学時代の体験について軽く書く【ステップ3】

自己紹介欄の終盤には「大学時代の体験について」軽く書くようにしましょう。

平凡大学生

ガクチカの内容を書くってこと?

Go

いや、ここではガクチカの序盤だけ書くようにしよう!

私は学生時代「成績をしっかり取ること」に力を入れていました。他にはアルバイトでコンビニの夜勤をしており、当時の私は「夜勤のキング」と言われていました。

簡潔にすると、この程度でも問題はありません。

ここまでくれば、みなさんの自己紹介は企業の方に優しい完璧な自己紹介になっているはずです!

就活アプリでの自己紹介欄の書き方を理解するメリット

しっかりとした自己紹介を作成できたら、あとはもう各就活アプリや就活サービスの自己紹介欄に記入するだけです。

自己紹介がしっかりと記入できた皆さんにはいくつものメリットがやってきます。

また、しっかり記入できていないとどんなデメリットがあるかも紹介したいと思います。

自己紹介をしっかりと記入するメリット・デメリット
  • 【デメリット】自己紹介欄ができてない学生は企業の目に入らない
  • 【メリット】Fラン大学生でもオファーがもらえる!
  • 【メリット】企業に自分をアピールできる最初のチャンスを掴める

【デメリット】自己紹介欄ができてない学生は企業の目に入らない

自己紹介欄がしっかり記入できていない学生は企業の目に入りにくいです。

自分第一印象の代理のような存在である「自己紹介」がしっかりしていないということは、就活アプリにおけるあなたの印象が悪いということになります。

現実でどんなにイケメンでも、絶世の美女でも、文面で印象が悪ければスタートダッシュ失敗です。

企業からのオファーが来ることはそうありません。

ただ、就活アプリや就活サービスにおいて「自己紹介」がしっかり記入できていると、自分を伝えることができるので企業から受ける印象もよく、オファーを受けやすくなります。

Go

適当に記入している時点で企業は目に入れないので注意しましょう!

【メリット】Fラン大学生でもオファーがもらえる!

続いては自己紹介をしっかり記入していることで起きるメリットについてです。

一つ目は「Fラン大学生でもオファーがもらえる」ことです。

Fラン大学生は情報量の少なさから、自己紹介や自己分析、就活対策自体が適当になってしまいがちです。

情報量が高学歴との差になってしまうのが現実です。

Go

だとしても、適当になるのは勿体無いの極みです。

企業は学歴よりも人を見る時代になってきているので、Fラン大学生でも対策をすれば問題ないんです。

ちなみに、この記事を見てくれたFラン大学生の方はもう大丈夫です。

「自己紹介」さえしっかりと記入できれば、企業の目に入る回数は段違いに上がります。

その他の対策に関しては就活を進めていくと共に対策すれば大丈夫です。

ちなみに「Fラン大学生が内定を獲得するまでのロードマップ」としてまとめ記事を書いているので、まだ見ていない人はぜひ見て下さい!

Fラン大学生が内定を獲得するまでのロードマップ

就活では自己紹介の書き方を理解することが重要「まとめ」

今回はFラン大学生は就活アプリの自己紹介欄で他就活生に差をつける為の記事を書きましたが、Fラン大学生だけでなく多くの就活生に共通していることです。

自己紹介がしっかりしている学生は他もしっかりしていると思う企業が大半です。

逆にいくら他がしっかりしていても、自己紹介が適当だと「こいつはだめだ」と思われてしまいます。

マイナスからのスタートで始めるのは非常に厳しい戦いです。

得にFラン大学生で適当に書いていたら、「やっぱりな」と企業の方に思われてしまいます

就活で内定を獲得するために「自己紹介」でさえも、しっかりと対策をしましょう!

就活に関する記事は他にも出しているので、よろしければご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらのSNSもチェック必須です!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の目次
閉じる