最強大学生に君もなりたくないか?

[大学生:副業編] GoogleAdSense審査に1発合格した方法

大学生がGoogle AdSenseに1発合格した方法

初心者がたった18日間でGoogle AdSenseの審査を通過した理由は立ったの2つです。

こんにちは。現役大学生ブロガーのGo(@8YyoWi7d7EiSCCb)です。

このブログでは【最強大学生】になるための方法について幅広く解説しています。

平凡大学生

Google AdSense全然通らないんだけど何すればいいの?

そんな疑問を抱えている人はこの記事を見れば一発解決です。

この記事でわかること

Google AdSenseの審査通過方法:通過するにはたった2つのポイントを抑えるだけ!

サイト作成でしてはいけないこと:やってはいけないことを理解していると尚良い

オススメの代行業者:できない事は助けてもらおう

このように記事を読むことで『GoogleAdSenseの審査通過方法』がわかるようになります◎

Fラン大学生でも大学生は謳歌できます。

当ブログは現役大学生5人で運営しています。

僕たちの経験を元に大学入学から卒業までの間に、大学生活を謳歌する手順を全て公開します。

Go

実際に私は自粛期間を利用してサイトを開設して「たったの18日間」で審査を通過することができました!

中には何回も何十回も審査をしても通らないという方も存在している中、なぜ私がこんな短期間で審査を通過できたかポイントを説明していこうと思います!

司会くん

まずは、ワードプレスを開く】について詳しく解説します。

この記事の目次

[ワードプレスを開く]

初めにワードプレスというサイトを開きアカウントなどの設定をします。

なぜワードプレスがオススメかというと、GoogleAdSenseでは「はてなブログ」や「アメブロ」などの無料サイトでは審査に通りにくいからです!

  • 正確にはワードプレスの方が審査通過しやすい

ここで、私がものすごく迷ったポイントがあるのでそちらを紹介したいと思います。

「ワードプレス.com」と「ワードプレス.org」の二つが存在する!

じゃあ、実際に始めてみようとなった際にこちらの二つが現れました。

Go

どちらも「ワードプレス」であることには変わりありません。では何が違うのか?

「ワードプレス.com」

ある程度決まったサイトの形の中から選び簡単に構築できる。

既に用意されているフォーマットに打ち込むだけなので、操作性は簡単で初心者にオススメです!

「ワードプレス.org」

様々な機能を追加で入れることができ、より細かい設定やオリジナリティあふれるサイトを作ることができる。

この違いです。実際に私は初め、「ワードプレス.com」の方を契約していました。知識が少ない中でも自分の思うようにサイトを構築できていたので作っていて楽しいです。

ですが、細かい設定や決まったベースしかないということがネックになったので、「ワードプレス.org」の方にしました!

実際に使用してみて、「ワードプレス.org」の方が自由に作成できるので、自分が頭の中に思い描いているサイトを作ることができます!ですが、細かい設定などにはもちろん知識も必要不可欠になります。根気強く勉強して、オリジナルのサイトを作るという意思がある方には是非オススメしたいです。

司会くん

続いてサーバーとドメインを取得する】について解説します。

[サーバーとドメインを取得する]

続いて行うべきことは、[サーバーとドメインを取得する]ことです!

サーバーとは一体何か?ドメインとは?という方はこちらのサイトを参照ください。

簡単に説明すると、サイトをインターネット上に表示するために必要な住所のような物です。住所がないと、家(サイト)を探すにも探すことができません。

~サーバとドメインはどこで取得すればいいのか~

Go

今では様々な業者があり、どれも安全性を歌っている中で私が最もオススメしたい業者は「Xserver」です。

なぜこちらの業者をお勧めするのかというと、ドメインとサーバーを一気に両方取得することが可能だからです!




普通、サーバはサーバの業者で契約しドメインはドメインの業者と契約するのが鉄板ですが、「Xserver」を利用すれば、サーバーを契約するだけで一緒にドメインも取得することができるんです!

私が登録した時は期間限定でしたが、まだやっているようなので皆さんも期間限定が終わる前に登録することをオススメします!

司会くん

続いて業者を利用する!】について解説します。

[業者を利用する!]

こちらは今回紹介する中で最も重要なことだと私は思っているので読んでいただけると嬉しいです。

いざサイトを作るための契約ができたことだし、さあ作り始めよう!そうなったときに、

平凡大学生

「この機能はどうやってつければいいの?」

平凡女子大学生

「なんでうまく反映されないの?」

平凡大学生

「サイドバーをもっとうまく活用したい!」

このような悩みが必ず出てきます。

実際に出てきた際には、勉強のために買った本やインターネットを使って探すと思います。

ですが、このような状況の時、なぜかわからないけど「しっくりこない」「理解が難しい」といった経験をされたことはないでしょうか?

Go

私はそうなりました。記事を書くことは、全く苦ではないし、むしろ楽しいと思っていたのですが、サイト自体の構築の方で手間取ってしまいました。

解決策その1:サイト構築会社を探す

そこで考えたのが、サイトを代わりに構築してくれる業者を探そう!ということです。

実際にインターネットで検索してみるといろいろな業者が存在していて驚きました。

オススメのサイト構築会社です








これらのサイトが有名だと思います。

一番上と真ん中のサイトではDMなどの設定などを行ってくれます。

対して、一番下にある「スキルのフリマ ココナラ」では、スキルを持ったフリーランスが多く外注がとてもしやすくなっています。実際に搭載してもらいたい機能やサイトについてを詳しく説明しないといけません。

解決策その2:シシトウ団に頼む

私はこれらのサイトを利用しようかと考えましたが、探しに探して「シシトウ団」というサイト構築委託業者を見つけました!

オススメポイント

自分が理想としているサイトのイメージを伝えるだけ!

・一緒にアイデアを共有しながら作成できる!

・要望には全て答えてくれる!

レスポンスがとにかく早い!

このようにメリットしか無い業者です。

最近設立したばかりなので、知名度こそは高くありませんがコスパはかなりいいです。

Go

特に私が重視していたことは、レスポンスがいかに早いかどうかという点です。

なぜかというと、何か問題が発生した際に解決までの時間が長くなってしまうと作業はそこで止まってしまいます。また、効率も悪くなってしまいます。

ですので、サイトを作成する際には専門の業者に委託するということも視野に入れておくべきだと私は考えています!

司会くん

続いて記事を量産していく】について解説します。

[記事を量産していく]

続いて行うことは[記事を量産していく]ことです!

Go

では実際にいくつの記事を用意すればいいのか。

私は10記事ほど書いてからGoogleAdSenseに申請しました。申請した後も毎日投稿することは忘れずに行い、申請してから10日後に合格の通知が来ました。

噂では10記事ほどあれば通る可能性があると言われていますが、コツコツと記事を書いていくことがベターだと思います!では記事を書く際に気をつけたことを紹介します。

~記事を書く際に気をつけたこと~

  • Googleが提示する概念に則り、アダルトコンテンツや酒、ギャンブルなどの記事は書かない
  • 自身のサイトのトピックについての記事をしっかり記述する
  • 最終的に問題が解決することを記事にする

以上の三点について気をつけながら記事を作成していました。

Googleが提示している概念に反していないことが最も重要だと思います。反してしまっている点が一つでもあると、いくら他の記事がよくても審査の通過が厳しくなってしまいます。また、自身のサイトのトピックにしっかり基づいているかどうかが大切になってきます。

私が運営している「covid19life」では趣味大学生QOLの三つのトピックでサイトを構成しています。記事のバランスなども考えながら作成していくのが少し大変でした。

最終的に読者が持っている悩みなどを解決するような記事が需要が高まります。

読者からの受けもよく、Googleの審査にも通りやすい記事になるので意識して作成することが重要になってきます。

司会くん

最後に【まとめ】について解説します。

[まとめ]

結論!

・人間にもAIにも優しい記事を書く

・できないことは業者に任せる

・記事をコツコツと積み上げる

Go

今回は[初心者がたった18日間でGoogle AdSenseの審査を通過した方法!]について紹介しました。

審査になかなか通らない方や、これから審査を受けるけど何に注意すればいいのか悩んでいる方に少しでも役に立てばと思います。

Googleには独自の審査基準があるのでうまく合格できるように対策をしていきましょう!

大学生にオススメな記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらのSNSもチェック必須です!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の目次
閉じる